お問い合わせ 無料公開の魔術・呪術 魔術・呪術のための暗黒神殿の儀式 呪術4律。魔術・呪術の実践において 自分の魔力を高めるために 魔術・呪術実践上の注意(主に東洋呪術) 女性専用の魔術・呪術
人間関係の魔術・呪術
恋愛関係の魔術・呪術
能力関係の魔術・呪術
金銭関係の魔術・呪術
病気関係の魔術・呪術
あなたを魔術の世界へ!Seven Angels わが街情報(関東版) 「動画NEWS」おもしろ・驚き・気になるニュース BUZZ WORLD KAZUSA 驚き・おもしろ「かずさ」NEWSまとめ 津の町ニュースギャラリー (木更津・君津・富津・袖ヶ浦) いいコスメ・いいコスチューム(化粧品や衣料品等の紹介) いつも・いつでも・これからもずっと(東京・神奈川・千葉)
呪術4律。呪術の実践において、心得ておくべきこと
呪術は、人間の願望を叶えるための打ち出の小槌であると同時に、扱い方を誤ると、術者を滅ぼすこともある両刃の剣でもあるのです。
非常にデリケートな面を持つ技術でありますから、その実践には細心の注意を払わなければなりません。
最低限、次の4律は絶対に守らなければなりません。

1 真剣な気持ちで行うこと
恋愛関係の呪術などを、軽い気持ちで、遊び半分に行う人がいますが、これでは、いくら呪術の霊験があらたかでも、ほとんど効果は得られないでしょう。
呪術で1番必要なのは、願望に対して念を集中することだからです。
強い願望がないのに呪術を行うのは、時間の無駄になるばかりでなく、気づかないうちに気力や霊力を消耗する愚かな行為です。絶対に行わないでください。
もちろん、呪術や魔術というものを信じられない方は絶対に実践しないで下さい。
信じて行う事こそ、真剣になれるのです。あえて言うならば、それは非常に危険な行為です。

2 一人で密かに行うこと
呪術を行うことは、だれにも話してはなりません。
秘密にすることで念が高められるということもありますが、他の人が知ることで、呪術に邪念が混入し、悪影響(願望と逆の方向に物事が進んだり、術者の健康が損なわれることもあるからです)が出ることも少なくないのです。
また、呪術を行っているところを、他人に見られることも極力避けて下さい。
他人に意味が分からなくても、術者の心気が乱れ、思わぬ結果を招くことがあるので、十分に注意するようにして下さい。

3 同時に、複数の呪術を行わないこと

1度に行う呪術は、1種類だけにすること。
厳しい修業を積んだ霊能者ならば話は別ですが、凡人が同時に2つも3つもの願望を叶えようとしても、効果が表れるはずはありません。
叶えたい願望が複数ある場合は、1つの願望が実現した後、次の願望に集中するというふうにして下さい。

4 いったん始めた呪術は、最後まで行うべきです。

呪術のなかには、神霊を勧請するものも多いのですが、霊を呼んでおいて、儀式を中断するというのは、大変失礼なことであります。
呪術の効果が失われるのは当然ですが、それだけでなく、呪術を行うものが災いを受けたり、行き場を失った霊に憑かれたりすることさえあるのです。
呪術は、周囲の状況等も考え、邪魔が入らず、集中できる環境で行うことが大切です。


呪術は、おおよそ次のような手順で行う。

1 願望にあった呪術を選び、呪術を行う日を決める。
2 前日の夜までに呪術に必要なものを揃えておく。
3 前日は早めに寝て、呪術を行う当日は、朝3時くらいに起きる。
4 身を清め、呪術用の服に着替えて、呪術の儀式に入る。